在住民も意外と知らない!バリの穴場ビーチベスト10

アクティビティ スポット

ベスト①ホワイトサンドビーチ

e0277172_6263029 (1)

(引用元) http://hawaiikara.exblog.jp/

バリ島東海岸チャンディダサから車で約30分に位置するビーチ“ホワイトサンドビーチ”。バリ島東部では、黒砂のビーチが一般的ですが“ホワイトサンドビーチ”は名前の通り、美しい白砂。その白い輝きは目に眩しいほど美しい!海の色も透き通ったブルーカラーです。

地元の方々からは“パシル・プティ”または“バージンビーチ”などと呼ばれているのだそう。ビーチの半分は、お土産屋さんが数軒立ち並びます。どこか素朴なビーチで、アジアの雰囲気や香りが漂い、癒し効果は抜群!

まるで別世界のような世界が広がり、日没までぼ~っとしていたい気分になりますね。

ベスト②グリーンボール

ka-point-greenbowl (1)

(引用元) http://www.surfing-bali.com/point-greenbowl.html

バリ島最南部ブキット半島の真ん中に位置するビーチ“グリーンボール”。崖の岩肌にある100段の海岸を降りてたどり着いたビーチは、静かな雰囲気が流れるまさに穴場のスポットです。

干潮の時に美しい緑色の海藻やサンゴ礁が現れることから“グリーンボール”と名付けられたのだとか。他のバリ島のビーチに比べると海の色もグリーンがかっており、とても綺麗です。海は透き通って、サンゴ礁が見えますよ。

100段の階段を下りなければ“グリーンボール”にたどり着くことができませんが、海岸からの眺めは本当に絶景です!感動すること間違いなしなので勇気を振り絞って足を運んでみてはいかがでしょうか?

ベスト③ブルーラグーンビーチ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(引用元) http://4travel.jp/

サヌールからチャンディダサ方面へ車で約1時間に位置するビーチ“ブルーラグーンビーチ”。チャンディダサに滞在する欧米人をちらほら見つけますが、静かな雰囲気が流れる隠れ家ビーチです。

100メートルほどの小ぢんまりとしたビーチで、アットホームな雰囲気が流れます。穴場ビーチではありますが、2軒のワルンがありビーチベッドまでも並んでいます。

近年、少しずつ知られるようになった“ブルーラグーンビーチ”ですが、まだまだシークレットなビーチなのだとか。ビーチサイドでゆったり過ごすのはもちろん、シュノーケルやダイビングもおすすめです。

ベスト④バランガンビーチ

DSC_1824-1024x682 (1)

(引用元) http://www.bali-surfing-hirochan.com/

地元のサーファーから人気のビーチ“バランガンビーチ”。観光客の姿はほとんどなく、波に乗るサーファーの姿が遠くに見えるだけとまさに穴場ビーチです。

“バランガンビーチ”の海岸線はもともとドリームランドを含む広範囲だったのですが、ビーチに通うサーファーたちが断崖の南側のビーチを指し“バランガンビーチ”と呼ぶようになったのだとか。白砂が美しく広大なビーチにはワルンが数店あり、ジュースやビール、ローカルのスナックなどが販売されています。

ビーチの手前にあるヤシの木が綺麗で、フォトツアーなどに使われることもありのだそうです。とくにサンセットは絶景!静かにビーチタイムを過ごしたい方はぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

ベスト⑤パダンパダンビーチ

padang-padang3

バドゥン半島の南端に位置するビーチ“パダンパダンビーチ”。1970年代から地元のサーファーに愛され続けており、サーファーの聖地と呼ばれているビーチです。

上級サーファーが集まるので、眺めているだけでも面白いかもしれませんね。また、運が良ければ野生のイルカが泳いでいる姿を見ることができるのだそうです。

近辺にはリゾートレストランやカフェが数軒あり、そこへ訪れる人たちからも“パダンパダンビーチ”はサンセットのスポットとしても人気なのだそう。小さなワルンも一軒あります。

ベスト⑥エコービーチ

echoBeach2 (1)

(引用元) http://suwarubali.com/bucketlist/echobeachbbq/

バリ島チャングーに位置するビーチ“エコービーチ”。欧米人の方にはサーフスポットとして人気のビーチですが、観光客は少なくまさに穴場と言えるでしょう。

近年、付近には家をまるごと借りられるプライベートヴィラが増えてきて、“エコービーチ”は住民や宿泊ゲストが集う憩の場として愛されています。ビーチサイドでサーファーが波に乗る姿を眺めて過ごすのも良いですが、ワルンやカフェもたくさんあるので、海を眺めながら一息つくという過ごし方もいいかもしれませんね。

サーファーの密度が低いので、これからサーフィンを始めたいという方は“エコービーチ”がおすすめです。

ベスト⑦ドリームビーチ

resizeDQ0RkH3ym62BcgI9oNXE5X4P30WmUI7y1435731408

(引用元)

バリ本島から約27キロ先にある小さな離島レンボガン島に位置するビーチ“ドリームビーチ”。サヌール沿岸やベノア港からボートで渡ることができます。

リゾート開発がされていない離島なので、バリ本島とは違ったありのままの自然を楽しめるのがポイント。美しくサラサラとした白砂の周りにはヤシの木やトロピカルの木が綺麗に生い茂っていて、眺めも抜群です。

海は、ひたひたと打ち寄せるような穏やかな波が特徴的。お子様連れでも安心して楽しめる穴場ビーチスポットです。

ベスト⑧フィンズビーチクラブ

Finns-Beach-Club-3 (1)

(引用元) http://www.plbali.com/optional/osusume06/

バリ島南端ウンガサンエリアに位置するビーチ“フィンズビーチクラブ”。“スマラ ラグジュアリー ヴィラ リゾート”に併設されたプライベートビーチですが、宿泊ゲスト以外も利用することができます。(25万ルピアの入場料が必要)

断崖の岩壁にあるケーブルカーに乗り降りていくと、目の前に広がるのは白砂とエメラルドグリーンのインド洋。自然の美しさが保たれており、他のビーチに比べて透き通った美しい海が魅力的です。とにかく綺麗な海なので海水浴やシュノーケルもおすすめ!なお、10時~19時まではライフガードが監視しているので、安心して遊ぶことができます。

付近にはセミ・オープンのキッチンがあり、心地よい海風に当たりつつ海を眺めながら地中海のお料理を楽しむこともできます。

ベスト⑨カルマビーチクラブ

Karma-Beach-Club-1 (1)

(引用元) http://www.genchi.info/

ベスト⑧でご紹介した“フィンズビーチクラブ”のすぐ横に位置するビーチ“カルマビーチクラブ”。“カルマ・カンダラ・ヴィラ”のプライベートビーチですが、もちろん宿泊ゲスト以外も利用することができます。(ベスト⑦と同様25万ルピアの入場料が必要)

崖に設置されたケーブルカーに乗り降りていくと待っているのが、美しい白砂のビーチと透明度の高い青い海。

トロピカルな雰囲気が魅力的。岩場が多いのでビーチに入って楽しむよりも、付近のレストランで海を眺めながらのんびりと過ごすというような楽しみ方がおすすめです。並んでいるデッキチェアに座りドリンクを片手に日光浴をするのもいいかもしれません。

ベスト⑩アメッドビーチ

amed-beach-bali (1)

(引用元) http://griyasari.com/listings/amed-beach-snorkeling-tour/

バリ島のアメッド村、ブヌタン村、バニュイン村、ジェムルック村、リパ村、スラン村、アース村をまたがる大きなビーチ“アメッドビーチ”。伝統的な漁業が行われており、海岸には小さな漁船が並んでいるのが特徴的で、ダイビングスポットとしても人気なビーチです。

“アメッドビーチ”の見どころは、ずばり日の出。アメッド村から南部方面に向かう途中に位置するプルワクルティという地区では伝統的な塩田を見ることができるのでおすすめです。

付近には、ゴアラワ寺院やティルタガンガ、水の公園など有名観光スポットがたくさん点在するので、“アメッドビーチ”と一緒に訪れてみてはいかがでしょうか?

穴場ビーチであなただけの過ごし方を♪

気になったビーチは見つかりましたか?

ぜひお気に入りのスポットを見つけて、あなただけのビーチタイムをお楽しみください!

コメント

コメントはまだありません。

コメントをどうぞ

その他の記事

アクセスランキング

もっと見る